1. TOP
  2. CAREER
  3. POLICY

ヤマト運輸(株)
人材育成部長

野内 睦子

MUTSUKO NOUCHI

※上記は2021年10月時点での所属部署です。

現場で痛感した
お客さまから信頼される
大切さ。
本社勤務という
新たなキャリア形成への
チャレンジ。

最初に、私自身のことをお伝えします。私は、入社後、福島県の主管支店に配属されました。しばらくして、実際の現場を知りたいと思い、配送の最前線である営業所への異動を志望。内勤の管理業務を行う中で、セールスドライバーをはじめ、現場のスタッフがどんな想いで仕事をしているか、どんな問題意識を持っているのかを把握し、職場環境の改善等に努めていました。
現場でお客さまと直接接した経験は、今に至る自分の礎になっています。お客さまからお褒めの言葉、お叱りの言葉もいただきましたが、お客さまに支えられ当社は存在している、お客さまから信頼を得ることの大切さを痛切に実感しました。
その後、本社へ異動。不安もありましたが、新しいキャリアにチャレンジすることになりました。支店時代とは違い、会社全体を俯瞰するマクロ的視点が求められる中、現場を知っていることを自分の強みとして、新たなキャリアに踏み出しました。この異動を機に、人事や人材関連の仕事に携わるようになり、現在に至っています。

世の中の変化に合わせて
新しい「運ぶ」を創る魅力。
その中で「なりたい自分」
に向けたキャリア形成を。

当社は国内最大のリアルな物流ネットワークと顧客接点を有し、個人・法人どちらのお客さまにも、きめ細かな配送サービスを実現し実践してきました。これらネットワークと顧客基盤を駆使して、世の中のニーズや変化に合わせた新しい「運ぶ」を創ることは、当社でしか体験できない魅力に満ちたものだと思います。そうした世界でどのようなキャリアを積んでいくか。そしてどのような姿へ成長したいか主体的に考えてほしいと思っています。もちろん、会社からの教育機会は提供しますが、それ以上に自学自修は重要であり、日常業務から吸収することはさらに価値があります。これから自分はどうありたいのか。その内省から進みたいキャリアは見えてきます。「なりたい自分」が明確であれば、私たちはその人の自己実現を全力で応援したいと考えています。そうしたキャリア形成の支援に向けて、私たちはこのほど「人材育成ポリシー」(別表)を明確にしました。

社員育成の方針を
示した
「人材育成ポリシー」。
「なりたい自分」への
成長を促す
教育研修の拡充。

「人材育成ポリシー」は、当社社員の育成の方針を示したものです(下記参照)。
  • 当社の理念でもある「全員経営」を体現する
  • 専門分野を究めて専門性を発揮できる
  • 次世代リーダーとしての資質とスキルを備える
  • 自ら成長意欲を持ち能動的に行動できる
など、変革期にある今だからこそ、こうした明確な人材育成のビジョンが必要と考え、社員育成の方針をメッセージ化しました。
育成のための教育についても検討を重ね、新たに制度設計していく考えですが、まずは従来から進めている、入社1~3年の社員を対象にした「ビジネススキル研修」の拡充に取り組んでいます。問題を発見して解決していく能力をはじめ、活躍するためのスキル養成を図るカリキュラムの導入、知識・スキルのみならず、人として魅力ある人間に成長するための教育機会の提供など、多彩なアプローチで研修を実施することで、「あるべき姿」、社員が「なりたい姿」への育成を図っていきます。
人材育成ポリシー
ヤマトグループは、
グループ企業理念を踏まえ、
人材育成の指針として
このポリシーを定めます。

人材育成は、運送から運「創」への
変革を実現するための原動力です。
社員のやりがい創出により、
社員の自覚と誇りを持たせ、
人間力とともに現場力の向上により、
地域社会の発展を実現することを
目的とします。
  • お客さまと徹底的に向き合い、運「創」を実現するために、経営理念と倫理観を土台とした教育により「全員経営」を体現できる社員を育成します。
  • お客さまに最高の価値提供をするために、専門領域において様々な経験を積み、知識や能力を磨き抜くことで、専門性を発揮できる社員を育成します。
  • 事業創造を担う人材、事業展開を担う人材の継続的輩出、および現場力の更なる向上に向けて、次世代リーダーとなる社員を育成します。
  • 自ら成長しようとする意志を持ち、自学自修し、能動的に行動できる社員を育成します。
  • お客さまに良いサービスを永続的に提供するために、育成が重要であることを全社員が理解し、実践することで、共に学び共に育つ文化を創ります。

サプライチェーンを
支える責務として、
多様な専門性を有する
物流の
プロフェッショナル集団
を目指す。

人材育成においてもう一つのポイントが、「人材育成ポリシー」でも掲げた「専門性を発揮できる人材」の育成です。
物流はお客さまの商売のサプライチェーンを支える重要な機能であり、今後我々がお客さまの商売繁盛につながる経営パートナーになれるかが重要です。そのためには、材料の調達や仕入れ先から最終的な納品先や消費者にモノが届くまでの工程全てを知ることが求められます。工程の中でのお金の流れ、情報の流れ、モノの流れ、全てをどう変革すればいいのかを考え提案していくことなのです。
サプライチェーン全体の変革につなげられる企業にヤマト運輸はなっていきたい。リードロジスティクスパートナーの一員になるために、あらゆる分野の勉強をしてきた、していきたい学生さんに来ていただきたいです。ITやデジタルを学んだ方、流通や物流を学んだ方、生産性改善のための生産工学を学んだ方、財務分析のための会計を学んだ方、経営について学んだ方など、活躍できるフィールドは様々です。ぜひ、多様性のある組織集団でありたいと考えています。

求めるのは、失敗を恐れず
にチャレンジする人。
多様性を認め、主体的に
発信し行動できる人を。

現代は、人の考え方や価値観は多種多様であり、生活スタイルも様々です。そうした社会にあって求められるのは、いろいろな人と交じり合って仕事をしていくことだと思います。自分とは、意見が異なり違う考えを持つ人もいます。それらを拒絶・否定するのではなく、まずは受け入れて考える。その上で、単に受け入れるのではなく自分の考えを発信し実行できる行動力も必要です。そのためには自分で自主的に研鑽に取り組み、専門性を高めていく意欲が求められます。
当社はいま、大きな変革期にあります。これから、次々に変化する社会のニーズに応えるサービスを生み出していくには、失敗を恐れずにチャレンジする人材が必要です。それはまさに、課題解決型人材です。世の中の様々な社会課題を自分事として捉え、解決に向けアクションを取る。そのアクションの中での自分自身の思考や経験をもとに自らも成長することができる人材。自立・自律の精神で、主体的に自分でもよく考え行動できる人に大いに期待しています。新しい目線、つまり既存の価値観や今あるものを踏襲するのではなく、時代や環境の変化をとらえてチャレンジする、そういう人が次代のヤマト運輸を創造していくと確信しています。