1. TOP
  2. ABOUT
  3. グループ会社紹介

ヤマトグループの新たな挑戦が始まる。

2021年4月、ヤマトグループは経営体制を刷新します。現在の機能単位の部分最適な組織が、顧客セグメント単位の全体最適な組織に生まれ変わります。経営のスピードをより高めて、業務の標準化・効率化を推進するために、4つの事業本部と4つの機能本部に組織を集約し、「ワンヤマト」として全員経営を実行します。お客さまや社会のニーズにこれまで以上に正面から向き合い社会の実現に貢献するため、グループの総力を結集して、新たな挑戦をスタートします。

再編後のグループ経営体制(2021年4月)

社訓の画像

ヤマト運輸株式会社など主力の宅配事業を中核に、事業部門ごとの別会社を傘下に持つヤマトグループの持株会社です。グループ全体の戦略の企画立案とその実行支援が主な役割で、グループの経営資源の最適配分やプライシングやオペレーションのマネジメント、各事業部のミッション遂行に関する財務・法務などの専門領域における支援なども行います。

宅配便市場シェアNo.1の小口貨物輸送事業の「宅急便」など、各種輸送に関わる事業を展開し、ヤマトグループを代表するサービスを提供しています。「荷物を運ぶ」だけではなく、送り手・受け手のお客さまと、運び手の物流事業者の双方にとって、最適な配送サービスを創り出すとともに、法人のお客さまが抱える物流課題を解決するソリューションを提供しています。地上だけでなく、航空貨物輸送事業でもスピード輸送などに対応。あらゆる輸送モードと地域の隅々にまで配達できるネットワークを通じて、お客さまのご要望にお応えしています。今後はグローバルに展開し、クロネコが走る姿をどこでも見られる世界を実現していきます。これからも、豊かな社会の創造に持続的な貢献を果たす企業であり続けることを目指します。
4事業本部
お客さまに向き合い、お客さまへ付加価値を提供する組織体
4機能本部
競争優位の源泉となる機能を磨き上げる組織体

お客さまの便利で快適な生活の実現に向けて、大型家具・家電の配送・設置サービスをする「らくらく家財宅急便」、そして家屋内での日常のお困りごとを解消する「快適生活サポートサービス」など、生涯生活支援サービスを提供しています。

ショッピングクレジットの取り扱いから、お客さまに最適な「BtoB」「BtoC」向けの金融ソリューションを提供する「金融サービス+物流金融ソリューション提供会社」です。クレジット事業で培ってきた「与信の力」と、ヤマトグループのもつ機能や情報をビジネスに活用する「情報の力」。この2つでもって、便利で安心な金融サービスを提供します。

ヤマトグループ4万台の車両管理はもちろんのこと、そのノウハウを活かし、運送事業者・バス事業者の車両管理をまるごとサポートします。管理、整備、架装関連サービスをはじめ、燃料供給、自動車保険、物流設備のメンテナンスなど、幅広いサービスを提供しています。車両整備における利便性の向上、整備費用の削減という価値を提供することで、お客さまの資産稼働率を高めるサービスを展開しています。

ヤマトグループ各社の財務・会計業務、社員22万人の人事・給与業務を担います。その高い専門性と豊富な経験から培ったノウハウを活かし、ヤマトグループ以外のお客さまの多様なニーズにもお応えしています。経理事務、給与計算など、総務・人事業務受託サービスや、伝票から決算書類まで、会計業務受託サービスを行っています。